東野圭吾作品のおすすめ。

画像


最近、パソコンやスマホのやり過ぎだと自分でも自覚してますが、
そのせいで目がすごく疲れることもあって、
休みの日には本に戻ってきました。

近所に市立の図書館があるので本を借りてきますが、
本がたくさんありすぎてどれを借りていいか逆に迷ったり。

私が好きな作家の一人が有名な東野圭吾さん。

ガリレオや新参者などのテレビドラマで知らない人はいないでしょうが、
テレビ化される前から何冊か読んでいて、
すばらしい描写や緻密なトリック、そして読みやすい文体など
すごく好きな作家さんでした。

図書館で東野圭吾さんの本もいくつも並んでいたので
いくつか借りてきて読み始めましたが、
割と作品が多く、ジャンルも多岐に渡っているので
どれから読もうか悩んでしまいました。

そんな中で参考にしたいのが、「bestmania」のサイト。
このサイトはみんなのおすすめが集まったサイトなので
他の人のランキングやレビューなどを参考にして
興味のわいた本を探すにはうってつけです。

東野圭吾のおすすめだとこの3冊を紹介されている方がいらっしゃいました。

1位の作品「嘘をもうひとつだけ」はレビューもすごく気になりましたし、機会があったら読んでみたいです。

その他の名作のおすすめなんかも参考にしながら、他の作家さんなどにもチャレンジしていきたいと思います。

「bestmania」のサイトには、本・漫画のおすすめBEST3ランキングなどの情報が満載なので、ぜひいろいろ参考に調べてみてくださいね。



レビューブログからの紹介です。
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック